天と岩山とサイクロン

「感動」のことを特別に感じている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や偏見みたいなのが、「幸せ」が現してることとゴッチャになることって、往々にしてあるんじゃないかな。

ホーム

控え目に熱弁する父さんと冷めた夕飯

喜んでもらえるプレゼントを決定しなくてはと考えている。
記念日がもうすぐで、妻に良いプレゼントを渡したいのだけれどとてもいいプレゼントがうかばない。
妻に何か手に入れたいものがあればいいのだが、あまり、欲しがるものがないので、本人がもらって喜びそうなものが見当つかない。
かといって、ばれないように嬉しがりそうなものを見つけて驚かせて喜ばせたい。

月が見える金曜の夜に友人と
私の息子がマルモダンスを一生懸命踊っている。
教えてもいないのに、2歳だけど一生懸命踊っている。
どこかでマルモダンスの音が聞こえると、録画した映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
保存した映像をつけてあげると止まることなくずーっと見ている。
親としては、テレビの映像を見てばかりよりは絵本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりしているほうがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも私たちの為でもある。

涼しい大安の早朝は昔を思い出す

石田衣良さんという小説家に魅せられたのは、友達の愛ちゃんのアパートで。
愛がいない部屋と題した短編が詰まった文庫本がパソコンの前に置いてあったから。
生まれ故郷の岩手のお母さんが読んで、その後カップラーメンや商品券と共に宅急便で送ってくれたらしい。
当時はそこまで文学界で知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんは元々自伝やビジネス、ファッション誌などは買う。
しかし、俗にいうライトノベルは嫌いだそうで、この本を私にくれた。
彼女のママは何を思いながら、この本を手に取ったのだろうか。

汗をたらしてダンスする姉妹とオレ
そんなには、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、近頃、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
加害者側の家族と殺された側の親兄弟が出会ってといった話で、通常はあるはずがないストーリーだ。
殺された側の親兄弟と加害者側の両親と妹のどちらの家族も不幸な内容がえがかれている。
ストーリーの内容はたいそう暗いと思うけれど、しかし、ビジュアルはきれいな雰囲気にされている。
花や緑や自然の映像が非常に多くて、牧歌的できれいな映像がものすごく多い。
来週から、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

目を閉じて話すあいつと失くしたストラップ

ここ最近は、海辺に釣りに出かけていない。
仕事でたいそう忙しくて疲れていて行けないというのもあるが、しかし、めっちゃ暑いから、行きにくいのもあることはある。
加えて、会社終わりに釣り場を見ていてもたくさん釣れている気配が全くないから、釣りに行きたいとは思えない。
たいそう回遊魚があがっていたら我慢できずに行きたくなると思う。

蒸し暑い月曜の朝に微笑んで
海の近くに自分たちは、住んでいるので、高波を離れて暮らす家族が心配な気持ちをもっている。
ことのほか震災後は、海からどれくらい離れているのかとか小高い位置は家の近辺にあるのかとか話す。
私だって心配だけど、しかし、簡単に条件のあう物件も見つかるわけではない。
ただし、本当に高波がやってくるとなってしまった際に回避する道筋を確定していないといけないと思う、だけど、防波堤周りしか近くに道路がないので、今回、あらためて想像したら危ないと思った。

雲が多い仏滅の午前はこっそりと

新人の頃、無知で、そこそこ大きな厄介なことをひきおこしてしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の方法も思いつかず、涙が出てきた。
同じく新人らしきお客さんが、エクセルシオールのマキュアートをあげる、と言いながらくれた。
ミスって2個頼んじゃってさ、と話しながら別の種類の飲み物を手に2つ。
高身長で、ひょろっとしていて、とても感じのいい顔つきをした良いお客さん。
嬉しかったな、と思う。

湿気の多い金曜の朝にゆっくりと
オフィスで関わった女性がいる。
ちょっと風変わりな人で、トークの内容がいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園の先生の免許、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
トイック800点、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士も持っていると噂。
さすがにこのことを母に話したら、君の聞き間違いもあり得ると思う、と言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と職場結婚で寿退社していった。

気持ち良さそうに叫ぶあの人と濡れたTシャツ

明日香は、学校で一番に打ち解けた親友だ。
明日香ちゃんの良い所は、おおらかで小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私が今日から友達になろうと言ったそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
遊びに行くと、すべてが単純化されるので、凄くほっとする。
引き締まっていて華奢なのに、夜中にハンバーガーを食べに車を走らせたりするらしい。

騒がしく叫ぶ君とぬるいビール
さやかちゃんはパッと見のんびり屋に見られるらしいけど、かなりアクティブな女性。
愛しの旦那様と、3歳のけんちゃんと、3人暮らしで、フレンチレストランの隣のマンションに住んでいる。
パートも育児も男の子こなして、多忙だけど、時間の有効活用は上手い。
少しでも暇を見つけると、今夜は空いてる?など必ず電話を入れてくれる。
私はよくケーキを作って、さやかちゃんのお宅におじゃまする。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 天と岩山とサイクロン All rights reserved.